健康第一!深い睡眠を取るには?

健康第一!深い睡眠を取るには?

深い睡眠を取るための方法をご紹介

健康を維持し促進したいと思うなら、毎日質の良い睡眠を十分に取ることが絶対に欠かすことのできない大切な条件の一つと言えるでしょう。
ではここで、健康に役立つ深い睡眠を取るための幾つかの方法について取り上げてみたいと思います。

1.就寝の3時間前には夕食を済ませておく

まず一つの方法は、就寝前には体の中で行なわれる消化活動が完全に終わっている状態にしておくことです。
仮に食事を済ませた後すぐに床に入るとしたらどのような結果になるかを想像すれば、その大切さを容易に理解することができます。

私たちの体はまず食べた物を消化しようと一生懸命に働くことになるため、体が消化活動を優先している間は、私たちの内臓を休ませることはできません。結果として、眠りが浅くなり疲れが取れにくくなってしまうというわけです。

こうした状態が毎日続けば、当然疲労はどんどん蓄積されていき、健康に良いはずがありません。
それで、就寝の3時間前には夕食を済ませておくことが勧められています。

2.温かい飲み物によって眠気を促すようにする

深い睡眠を取るために行なえる別の方法は、温かい飲み物によって眠気を促すようにするということです。
温かい飲み物を飲むと、内臓から体温の上昇が促されます。

一般に、私たちの体は体温が下がり始める時に眠気を催すようになっているため、温かい飲み物を飲むことで睡眠前のリズムを作ることができるのです。
特に勧められているのは、白湯やカモミールティー、生姜湯などです。

白湯は胃腸に負担を与えることなく、体を温めることができます。
カモミールティーには心身をリラックスさせる効果があるため、ヨーロッパなどでは不眠症対策に利用されていたと言われるほどです。
さらに生姜には体を温める効果があり、体の末端まで温めてくれると言われています。

3.温めのお湯につかってリラックスさせる

また、深い睡眠を取れるようにするためには、温めのお湯につかってリラックスさせることができます。
中には、熱めのお湯に長時間入るのが好きだという方もいることでしょう。

しかし熱めのお湯に長くつかっていると、体の覚醒を誘う結果となり、就寝に必要とされる体温変化が得られなくなってしまうのです。
また熱めのお湯は体にも負担を与えるため、38度程度のお湯につかるほうが健康には良いと言われています。
こうして体をじっくりと温めるようにするなら、緊張を緩和させリラックスさせることができるのです。

4.夕食の際に何を食べるかに注意を払う

さらに、毎日深い眠りを得たいと思うなら、夕食の際に何を食べるかに注意を払うことも必要です。
基本的に言って、夕食にタンパク質をしっかり摂取することが勧められています。

タンパク質には、体を修復したり質の良い眠りを実現させるのに必要なセロトニンを作り出す働きがあるからです。
実際、セロトニンの材料となるトリプトファンは私たちの体内では作り出されることがなく、もっぱら食物から摂取することが必要な必須アミノ酸であると言われています。

それで夕食時には、魚や肉、また乳製品や卵など必須アミノ酸が豊富に含まれている良質のタンパク質を中心としたメニューにすることができるでしょう。

5.日中に適度な運動をする

加えて、毎晩深い睡眠を取るために行なえるもう一つの方法は、日中に適度な運動をすることです。
日中に運動を行なうようにするなら、生活のリズムにもメリハリができるため、自然な眠気を感じるように促されることになります。

もちろん、注意しないと動きすぎてオーバートレーニングの状態になってしまうかもしれません。
このように過度の運動や動き過ぎの状態は逆効果となってしまいます。

興奮した状態では、自然な眠気を感じるどころか、かえって眠れなくなってしまうからです。
それで、自分の生活リズムを振り返り、それに合わせて適度な運動を取り入れることができるでしょう。