新幹線のグリーン車と普通車ってどれぐらい違うの?

新幹線のグリーン車と普通車ってどれぐらい違うの?

グリーン車に乗るメリットとは?

一般的な方が新幹線を利用する際には、普通車を選択するものではないでしょうか。
高めの運賃になってしまうことになり、移動手段として考えた場合では、どのような席を利用しても到着時間に違いは無いので、低料金にて乗れる普通車を利用することが多いものですよね。

一方で新幹線にはグリーン車という席が用意されていることも有名で、負担額をチェックすると高めになりますが、それ以上の価値を見出す方も存在しています。

普通車とグリーン車の違いを比較すると、料金以外でもシートの状態を挙げることができます。
普通の場合では3列シートに設定されていることが基本です。

対して、グリーン車の場合ではシートが2列に限定されているので、横幅を考えた場合でもかなり広めでゆとりある設計に仕上がっていることは分かりますよね。

グリーン車にはフットレスがあり快適に過ごせる

次に前の席との間隔を挙げることができます。
通常では少し狭い間隔で設定されていることが多いものですが、グリーン車の場合では足を伸ばしても十分なスペースを持たせていることが大きな特徴です。

同じように通路の状態を違いにすることもできます。
普通では通路は狭いものですが、特別な幅を設けていることになり、全てにおいてゆとりを与えている状態ですよね。

フットレスの有無も違いがあります。
足を置く場所が該当していますが、普通車の場合ではこのフットレスが無いことが一般的です。

おしぼりを提供してもらえる

サービス的な部分も違いがあります。
普通の場合では特別なサービスを受けることができませんが、グリーン車の場合ではおしぼりを提供してもらえることになるので、この点を特別なサービスとして考えることができるでしょう。

テーブルのサイズにも違いはあります。
広々としていて物を置くことに不自由しないことになりますが、普通車の場合では少し小さく設計されています。

これはシートそのもののサイズに起因していることになるので、当然と言えば当然のことです。
普通の座席では単に座って移動時間を過ごすことに限定されてしまいますが、グリーン車の場合では各シートにコンセントが備わっていることも大きな違いがあります。

コンセントがあるのでノートPCで仕事が可能

コンセントは自由に使うことができ、例えばノートパソコンを持参して新幹線に乗りながら仕事をするような人には高評価を得ている内容です。
小さな家電製品も利用できるので、例えばDVD鑑賞を行うことにも向いている機能ではないでしょうか。

混雑状況も違いがあります。
特別感を感じられるシートの場合では、比較的静かな環境で混雑してしまうことは殆どありません。

一方で普通車の場合では大勢の人が乗車をしている状態なので時には騒がしい団体に遭遇してしまうこともあるのではないでしょうか。
違いは他にも複数のものがありますが、特別席に該当するようなシートの場合では、有名人や芸能人が乗っている可能性がかなり高いものです。

普通席の場合では一般人が普通に利用をしているので、特別感を感じることは少ない傾向にあります。
新幹線といっても車両に違いというものはあるので、全てが該当しているとは限りません。

たまにはグリーン車で特別感を味わってみるのもよし!

しかし、特別席として用意しているシートについては、どのような新幹線でも快適な乗車をお約束していることになります。
普通席でも十分に満足できる方も多く存在していることも事実になりますが、旅行や仕事などで移動する際には時には特別感を味わってみることも間違いではありません。

全体的に高級感を醸し出していることに違いというものがあり、少しでも快適な乗車を希望する際には特別席を利用してみることも良い方法です。
体格の大きな方のケースでは、そもそも普通席に乗ることが困難になってしまうという場合も想定できるので、違いを覚えておくと新幹線をより一層快適に利用できますよね。